江戸指物処 渡邊

labo_nabe幾年も生き貫かれた木材の持つあたたかみを活かし
長い歴史のなかで培われてきた伝統技術・技法を大切に受け継ぎ
今日の生活様式に即応する様に心がけています。

祖父松太郎が新潟より小学校三年生で台東区根岸の清水辰五郎さんの所に弟子入りし、25歳で独立、竜泉に仕事場を構えたのが始まり、父昇、私と三代続いています。
昭和の始めごろは茶箪笥屋、鏡台屋、火鉢屋など専門に分かれていましたが、清水辰五郎さんの所は桑、欅、杉、桐などの銘木を使い何でも作り上げられる腕の良い職人でした。そこに祖父が一番弟子でしたから、むずかしい仕事を一番あたえられ、メキメキ腕を上げたそうです。
その技術は今に伝わり創意工夫され現代の道具を製作しています。

住所 110-0012 東京都台東区竜泉3-25-4

電話&FAX 03-3873-3050

メールアドレス edo「@」w-sashimono.jp

return top